Tuesday, March 29, 2011

エチオピアから

10日弱の視察を終え、支援先のエチオピアから昨日戻りました。

日本人として、この度の震災に対し微力ながらできる事には全力で取り組んでいきたいと思っています。

同時に、TFTによる支援を失っては、他に一切頼る手段のないアフリカの子どもたちに対する支援をぶれずに継続していくことの必要性も、地球人として改めて感じました。

空港の税関職員から、エチオピア北部、南部で恒常的な貧困に苦しむ農村地域の村人にいたるまで、旅の中で出会った多くの人々から、大震災で被災された方々やご家族へのお悔やみと、日本国民への激励の言葉をかけていただきました。

また、出張中にも海外の友人、仕事仲間から心温まるメールがたくさん届きました。

さらには、支援先のウガンダ・ルヒイラ村の子どもたちからも日本への応援メッセージが届き、帰路のバンコク空港で見た時には、思わず涙があふれました。

世界中の人が日本を応援してくれているのを、地球を半周しながら感じました。

困った時に手を差し伸べてくれる人、助けてくれる人が真の友とも言いますが、やはり根底にあるのは、日本が常日頃から世界、特に開発途上国に対して協力、支援を続けてきたことがあるのではないでしょうか。

エチオピアのアワサという町を歩いていた時、歩道に椅子を並べておしゃべりをしていた小学生数人に声をかけられました。

小学生とは思えないぐらい流暢な英語で、

「今、僕たちエチオピア人が日本の人たちに対して、なにかできることがあれば教えてください」、

「一生懸命勉強して、そして仕事をして、いつかエチオピアを日本のような立派な国にしたい」

と堂々と語ってくれました。

しかし、彼らの生活の中には貧困が確実に存在し、人々の命を奪い、病魔が襲う現実があります。

それでも、この小学生達のように前を向き、未来に向けて歩もうとする人達がいます。

そんな人達の笑顔に勇気をもらい、TFTの活動を続けていくことの大切さを改めて実感しました。














1 comment:

  1. おかえりなさい。ありがとうございます。こんなときだからこそ続けることの大切さを実感します。エチオピアの乾いた大地とこどもたちの笑い声に想いをはせました。

    ReplyDelete